いちいち、音楽を考える。

音楽はフィーリングも大事だけど、いちいち考えてみたくなるんです。

清々しい、自分自身の「夜明け」。(Les Misé blue/syrup16g)

5年間、待っててよかった。

Les Misé blue

Les Misé blue/syrup16g 2022年11月23日

I Will Come (before new dawn)
明かりを灯せ
Everything With You
Don't Think Twice (It's not over)
Alone In Lonely
診断書
Dinosaur
モンタージュ
うつして
In My Hurts Again
In The Air, In The Error
Maybe Understood
深緑の Morning glow
Les Misé blue

 

先日、肉体を取り戻す過程、というようなテーマでsyrup16gの記事を書いたんですが…

 

musictherapy.hateblo.jp

 

聴きました。待望の5年ぶり新作アルバム。

 

まず、結論から言うと…

しょっぱなから、これは「今までと違うぞ…」というフィーリングがありました。

 

それは楽曲面、というより…サウンド周りの清々しさ。

不必要にザリッと歪んだりせず、穏やかに晴れた空のような…。実は、1回目のリスニングではその心地よさ(と、ほろ酔い気分ゆえ)で途中で眠りに落ち、最後の「Les Misé blue」で起きて、クリーンな気持ちのまま終わった、って感じ。

今回はそんなシロップの新作から、特に清々しいと思ったトラックを3つピックアップしながらお話ししたいと思います。

続きを読む

生傷と正面から向き合う。~syrup16g、再結成後を振り返る~

こんばんは。キタダハルキです。

 

ついに、出ますね。

 

syrup16g、5年ぶり待望の新作。

 

ここ最近、めったに「予約」とかせずでしたが、CDを購入して聴けるのを楽しみにしています。

 

さて、そんなsyrup16g…私としては「再結成の成功組」だと思っていましてね。

正直、再結成ってなっかなかうまくいかないことも多く、一度終わったものをもう一度って本当に難しいと思うんですが、彼らは再結成してもう8年。大きな活動停止もなく、アルバムもまぁまぁのペース*1で出せていて、ファンとしては嬉しい限り。

 

で、この「再結成」。syrup16gの場合は「どこが」よかったんやろう?ってのを個人的に考えてみたくなったので、よろしければお付き合いいただけたら、と思います。

*1:かつての『生き急いでるような景色』ではなく。

続きを読む

【2022年11月号】最近、こんなの聴き始めました。

こんばんは。キタダハルキです。

 

先月は久々に、この月間記事以外の記事がやっと書けて、思いのほかブログが見られて…って流れで過ごしたんですが…皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

ということで、今月も…

最近、こんなの聴き始めました。

 

11月号をお送りいたします。

※先月号はこちら。

 

musictherapy.hateblo.jp

 

今月はねぇ…熾烈も熾烈でした。聴くヤツどれもが名盤で…その中から選りすぐった5枚はこちらでした…

続きを読む