読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージック・セラピー~心理カウンセラーセレクト、ココロが動く音楽。

バンドマンの心理カウンセラーが選ぶ、ココロが動く音楽たち。

恐怖と快楽は隣り合わせ。(Paranoid/Black Sabbath)

イギリス メタル クセになる一枚 ハードロック

ヘヴィメタルの、原点。

 

Paranoid/Black Sabbath 1970年9月18日

War Pigs
Paranoid
Planet Caravan
Iron Man
Electric Funeral
Hand of Doom
Rat Salad
Fairies Wear Boots

ブラックサバスとの出会いは大学2回生のころ。当時は「名前は知っているけど、ちゃんと聴いたことの無い音楽」の代表格のような感じでしたね。オジー・オズボーンも、奇行めいた部分(某動物をステージ上で喰った話とか)だけはなんとなく知っていたけど、アーティストとしてのうんたらかんたらは、マジで何も知らない、っていう状態。

私、大学では軽音サークルやってたんですけども…たしか夏の合宿でブラックサバスをコピーするバンドがいましてね。で、そのボーカルの子(後輩)が相談に来たんですよね。確かその子はどっちかっていうと「ポップス」指向が強くて、それこそその当時の私以上に、ブラックサバスについては馴染みがなかったようなんですよ。

「もう、ぜんっぜん歌詞を訳しても意味がわからなくて…どうしたらいいんすかね?」

その言葉と共に歌詞のメモ書きを渡されたんですが、その内容がコチラ。

Has he lost his mind
Can he see or is he blind
Can he walk at all
Or if he moves will he fall

Is he alive or dead
Has he thoughts within his head
We’ll just pass him there
Why should we even care

He was turned to steel
In the great magnetic field
When he travelled time
For the future of mankind

(Iron Man/Black Sabbath)

 直訳したら、ほんとなんのこっちゃ、でしたね。なんというか、かろうじて「頭がおかしいのはわかる」って感じ(苦笑)

※歌詞の邦訳が以下のサイトにありました。うん、そりゃ分からんと思いましたね(笑)

日本語サバス その3 - Music Network Corporation

で、こんときは歌詞について話しただけだったので、曲は聴いてなかったんですよね。発表本番までのお楽しみって感じでね。一体、この歌詞にフィットするのってどんな曲やねん、と。

…そして迎えた本番。この曲が流れだしたときに、私は戦慄したんです…

■なんやこの曲…怖すぎやろ…

 

なんやこの曲…怖すぎやろ…

イントロのバスドラからは「怪物が迫ってくる」ような恐怖、単音ベンディングのギターリフからは怪物の声を聴いてしまった故の「振り返ったら死ぬ」ぐらいの恐怖が襲い掛かってきます。ただ、脳の仕組み上、恐怖と快楽は近くに結びついているらしく、もっと聴きたい…とキャッチされたんですよね。そのライブはもうかぶり付きで観てましたね。

ただ、そのライブ一回で音源を手に入れたりすることはなく、ブラックサバスからは離れていたんですよ。それから2年ほど経ったある日に何の前触れもなく急に思い出して、「あぁぁ、あの曲が聴きたい!」ぐらいの衝動がやってきて、レンタルショップに走ったのを今でも思い出しますね。

で、恐怖という点ではオジーの声も一役買ってますよね。ボーカルの単純な技術で言ったら全然緩いけど、たぶんこの曲は上手すぎたらこの「不気味さや恐怖」っていうバンドのテーマが表現しきれなかったんじゃないかなと思います。オジーだからこそ、だと私は思いますね。

Iron Man

Iron Man

  • Black Sabbath
  • メタル
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 

■メタルの父と呼ばれるにふさわしい一枚。

そんで、後から知って驚いたのが、このアルバムが1970年発売だってこと。それなのに音質がそれこそ「異常」とも思えるぐらいイイということ。同年発売のデビューアルバムはさらに音質がいいです。1年に2枚もこのクオリティのアルバムは凄すぎますわ。バンド全体の世界観づくりの上手さも相まって、そりゃ、メタルの父とも呼ばれますよね。

※私はレコーディング技術にはなーんにも詳しくないですが、それでも「んっ!?」って思うほどですからよっぽどやと思います。

ちなみに、現在この曲は私の「ギターのペンタトニック」練習用の曲としても活躍しています。ホント、基本通りなんですけどカッコよくてギターソロに飽きないんですよね。

またしても一曲に思い切りエネルギーを割いたために、「Paranoid」などを取り上げる暇がなかったですね(笑)これもまた、機会を改めて追記する形でお話しできたらと思います。

Paranoid

Paranoid

  • Black Sabbath
  • メタル
  • ¥1200