読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージック・セラピー~心理カウンセラーセレクト、ココロが動く音楽。

バンドマンの心理カウンセラーが選ぶ、ココロが動く音楽たち。

激情や痛みさえも、「やさしい風」のようにすべて抱きしめる。(on/Sugar Soul)

R&B 元気が出る一枚 日本 気持ちが落ち着く一枚

Sugar Soulといえば、「Garden」…だけども。

 

on/Sugar Soul 1999年2月24日

Brand
Scat for mama 1(interlude)
ナミビア
青い月
Gin&lime(original ver.)
Ho-oh〜女神のうた
Parkasession1(interlude)
Cosmic family(original ver.)
Dopewire from mothership
Sauce(long edit)
Scat for mama2(interlude)
Back for free,do the freak
女の気持ち
Chang
悲しみの花に(album ver.)

Sugar Soulといえば、「Garden」。まず間違いなくその認識って方が多いと思います。

 

もちろん、爆発的なセールスを上げた作品(100万枚)だし、そこに関しては異存はない。むしろ、名曲中の名曲だと思います。

ただ、ね。どうにもこうにも「一発屋」のようなレッテルが貼られている節があるのが私は気になるわけですよ。確かにガーデンの次のシングルのオリコン順位は10位。セールスもまだCDが売れる時代だったけども売り上げはガーデンの10分の1。これは世間から見たら一発屋なのかもしれない。

せやけども、や。ちょっと熱が入って関西弁出ましたが、シュガーソウルの楽曲はガーデン以外も本当に素晴らしい!ってことがお伝えしたいんです。R&Bの枠にとどまらず、ポップス、レゲエ、ヒップホップ、ファンク…ミクスチャーしても自分の色に染め上げることができる表現力の高さは出色。

特に、ガーデンが世に出る前の1stアルバムである「on」は、R&Bがメインジャンルでない私でも、聴いてて気持ちいいなー、って作品です。ぜひ、この世界に触れてみてほしいと思います。

■人間外見だけじゃなくて、中身が大事。

※音源のみです。

 

いきなりのポップなナンバーでスタート。ゴリゴリのR&Bで来るかな、と思っていたところに「おっ」って思わせる一曲です。なんせ、R&Bは私の中ではロックに比べるとだいぶ「開拓の甘い」ジャンル。だからこそ、こういう耳をフックしてくれるようなポップなものが一発目にあったから「もっと聴きたい!」って思えたんですよね。

それはさておき、のっけから歌詞がパンチ効いてます。

Everybody カネをかけて格好つけるのもいいけれど
それから生き方までイケてる人になりたいよね
Brandを身にまとい 見かけばかりを気にしても
過ぎていく時間にはなんにも残らないよ

(中略)

大切なモノは あなたのその胸に
信じているものを決して離さないで
誰もが持っているあなたのBrandを

(サビ、フェイク部分歌詞略)

(Brand/Sugar Soul)

高らかに、エッジの効いた「男前な姉御」感のある鋭さのあるボーカルでこう言われると「ハイ!」って思わず言っちゃいそうなぐらい、刺さってきますね。やっぱり、人間外見だけじゃなくて、中身が大事よね、って改めて思わせてくれるメッセージです。

Brand

Brand

  • Sugar Soul
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

■激情や痛みさえも「やさしい風」のようにすべて抱きしめる。

※映像がなかったので、iTunes貼っときます。

ナミビア

ナミビア

  • Sugar Soul
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

こちらはガッツリR&B。ゆったり、まったりしたファンクテイストの楽曲に、ボーカルがタフに、粘度薄目の、ザリッとしたテイストで絡まっていく様子がガツンときますね。

その一方で、歌詞は深遠なるスケールの大きさを感じますね。

孤独を知った太陽は 全てを焼きつくす愛を
夢にみて歩き続ける 激しさと悲しみを抱いて

孤独を知った太陽は 全てが許される朝を
夢にみて歩き続けた いとしさとその痛み抱いて
やさしい あの風のように…

(ナミビア/Sugar Soul)

難解やなー、と思いながら歌詞、読んでいたんですけど…もしかしたら、「太陽」って本人のことなのかな?と思いました。色々な激情や痛みさえもすべて抱きしめて、やさしい風のようにナチュラルな存在でありたい、っていう願いが込められているように感じました。

そんなスケールの大きい「愛」を感じられる楽曲です。

■「do the freak」という、純粋な「喜び」。

※こちらも映像がなかったので、音源を…

Back for Free, Do the Freak

Back for Free, Do the Freak

  • Sugar Soul
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

こちらはもう「太陽」って感じの明るく突き抜けたファンクナンバー。メッセージも非常に突き抜けていて、大胆ながらもカラッとした「受け取りやすい」愛のメッセージになっていると思います。

愛を運ぶ女神の花で大地を染めたい

(Back for free,do the freak/Sugar Soul)

この晴れやかな気分こそ「do the freak」ですよね。熱狂的。ただ、それでも楽曲の粘度が低く抑えられているからこそ、純粋な「喜び」としてその言葉を受け取れる状態になっていると思います。

素直なエネルギーに満ちた、パワーあふれる楽曲です。

■実は、インタールードも超かっこいい。

そして、このアルバムの特筆すべき点として、曲間にあるインタールードが非常にカッコイイんですよ。民族的(アフリカンっぽい)な原初の衝動のような響きが味わえます。これのおかげで、歌いあげられる「愛」が、パーソナル止まりなものにとどまらず、もっとワイドなモノへ想像力を広げてくれていると思うんですよね。

parkasessionⅠ~interlude~

parkasessionⅠ~interlude~

  • Sugar Soul
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
parkasessionⅡ~interlude~

parkasessionⅡ~interlude~

  • Sugar Soul
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

そんなとてつもなく、大きな愛を表現できているからこそ、クドくならずに気持ちよく委ねていける。ラブソングの割合かなり多いんですけど、それでも「愛のレンジ」(楽曲面も込みで)が広いから、飽きたりもたれたりせずに聴ける作品だと思います。なんせ、私は普段、R&Bをものすごく聴いているわけではないですから、「飽きない」って、かなり革新的な出来事なんですよ。

ですので、ホント試しに一回聴いてみて!って作品です。少なくとも、「一発屋」的なフィーリングは覆ると思います。

 

★この記事で紹介した楽曲はこちら。

<アルバム>

on

on

  • Sugar Soul
  • R&B/ソウル
  • ¥1900

<楽曲>

ナミビア

ナミビア

  • Sugar Soul
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Brand

Brand

  • Sugar Soul
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
Back for Free, Do the Freak

Back for Free, Do the Freak

  • Sugar Soul
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
parkasessionⅠ~interlude~

parkasessionⅠ~interlude~

  • Sugar Soul
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
parkasessionⅡ~interlude~

parkasessionⅡ~interlude~

  • Sugar Soul
  • R&B/ソウル
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes