読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージック・セラピー~心理カウンセラーセレクト、ココロが動く音楽。

バンドマンの心理カウンセラーが選ぶ、ココロが動く音楽たち。

わけわからんままでも「何か」は確実に残るアルバム。(Relationship of Command/At The Drive-In)

ポストハードコア アメリカ 自分を鼓舞したい時に聴きたい一枚

衝動を、そのままパッケージ。

 

Relationship of Command/At The Drive-In 2000年9月12日

Arcarsenal
Pattern Against User
One Armed Scissor
Sleepwalk Capsules
Invalid Litter Dept.
Mannequin Republic
Enfilade
Rolodex Propaganda
Quarantined
Cosmonaut
Non-Zero Possibility
Extracurricular
Catacombs

未だに、彼らを初めて見たときの衝撃は忘れられないですね。たしか、サークルの先輩がライブ映像(洋楽中心)をまとめたビデオテープを見ていたときに「なんじゃこりゃ!」って思ったんですよね。もはや、なんじゃこりゃとしか形容できないほど、暴力的なエネルギーをまとった、圧倒的なパフォーマンスが印象に残ったんですよね。

ぶっちゃけ、見ていただいた方が早いと思いますんで、とにかく見てください。

■言葉を超えるほどに、パフォーマンスのインパクトが絶大。

 

何かにとりつかれているとしか言いようがないほど、衝動的ですよね。

サウンドも角がものすごく立っているかと思えば、その硬い音のまま何も考えずにチョーキングをぶち込むもんだから、揺らぎが非常に不気味ですね。この不安感が、歌詞のメッセージともしっかりリンクしていますね。

歌詞の中身はいわゆる「東側、西側」のことを題材にしているんですが、その言葉を超えるほどに、パフォーマンスのインパクトが絶大ですよね。ただ言葉で訴えるよりも、姿勢で見せてくれると相手に伝わるんだな、という好例だと思います。

★iTunes音源はこちらから試聴・ダウンロードできます。

Arcarsenal

Arcarsenal

  • At the Drive-In
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

■しかし、テレビでこれはすごいな…

 

初めて彼らを目にしたのはこの曲でした。

やっぱ、残るんですよ。ここまでインパクトがすごいとね。ていうか、ここまでめちゃくちゃやってるわりには「何をやっているかはわかる」っていう演奏技術の高さも光ります。しかし、テレビでこれはすごいな…

メッセージは基本的に「戦争」に対するディスメッセージが主体ですけど、私は基本的にそういうメッセージが苦手なんで、たぶんそれが印象として「前」に出ていたら好んで聴いてないどころか、毛嫌いしていたかもしれません。

ですが、こうやって「見たらわかるもの」で見せてくれれば大事なことを言ってるんじゃないか、って耳を傾けようと思うんですよね。こういう「話を聴こうと思える姿勢」にまで人を持って行くことができるエネルギーって、凄まじいものだと思うんですよね。

★iTunes音源はこちらから試聴・ダウンロードできます。

One Armed Scissor

One Armed Scissor

  • At the Drive-In
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

■空耳アワーで有名になったあの曲。

 

こちらは、空耳アワーで一気に国内でも有名になった一曲。あの作品はホント、衝撃でした…

それはさておき、このアルバムの4曲目(当楽曲)まで、すさまじい勢いで駆け抜けていきます。マジで何も考えてないんやろうな、と思うぐらいに、エネルギーをぶちまける感覚です。

こちらの楽曲も、メッセージとしては権力者の裸の王様度合いを皮肉ったものになっています。

cloak a dagger plot her sovereign majesty
pacifier pacifies, yeah it pacifies
bullet ridden with vermin be it the peasant stark frenzy
pacifier pacifies, yeah it pacifies
held onto its tusks, naked and disrobed
pacifier pacifies, yeah it pacifies
and the emperor still wears no clothes
pacifier pacifies, yeah it pacifies

(Sleepwalk Capsules/At The Drive-In)

この偶数行で連呼されているフレーズは「おしゃぶりをする」という意味だそうで…ハダカでおしゃぶりをする権力者…まー、ドエライ屈辱的な表現だなと思います。

ただ、この曲も一貫していますが、こうやって「調べようとして初めて」、メッセージに辿り着ける、ってのはイイと思います。あくまで、楽曲のエネルギーの方が「前」に出てますんでね。聞く耳をもった段階でメッセージへと到達すれば、それこそクスッと笑えたりするところもありますしね。

★iTunes音源はこちらから試聴・ダウンロードできます。

Sleepwalk Capsules

Sleepwalk Capsules

  • At the Drive-In
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

■わけわからんままでも「何か」は確実に残るアルバム。

このアルバムは、それこそわけのわからないまま聞いたとしても、何かは確実に残るアルバムだと思います。終始、落ち着かせることなく(強いて言えば5曲めのInvalid Litter Dept. は比較的穏やか)ザリザリした尖った音でザクザク迫ってきます。一度、圧倒されてみてほしいと思いますね。

しかし、At The Drive-Inは長らく解散状態だったんですが、今年アルバムを出すとかなんとか。果たしてどんなものになるのか…それもかなり楽しみ…(ホントに出るのか?)です。

 

★この記事で紹介した楽曲はこちらから試聴・ダウンロードできます。

<アルバム>

Relationship of Command

Relationship of Command

  • At the Drive-In
  • オルタナティブ
  • ¥1500

<楽曲>

Arcarsenal

Arcarsenal

  • At the Drive-In
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
One Armed Scissor

One Armed Scissor

  • At the Drive-In
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
Sleepwalk Capsules

Sleepwalk Capsules

  • At the Drive-In
  • オルタナティブ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes