読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージック・セラピー~心理カウンセラーセレクト、ココロが動く音楽。

バンドマンの心理カウンセラーが選ぶ、ココロが動く音楽たち。

「思考停止」という「しびれ」からの解放。(ゆらゆら帝国のしびれ/ゆらゆら帝国)

日本 クセになる一枚 サイケデリック ロック

思考停止からの、解放。

 

ゆらゆら帝国のしびれ/ゆらゆら帝国 2003年2月26日

ハラペコのガキの歌
時間
侵入
誰だっけ?
傷だらけのギター
夜行性の生き物3匹
貫通(アルバムバージョン)
機械によるイジメ(インストゥルメンタル)
無い!!

ゆらゆら帝国も、どの作品でお話しするか、ほんっと迷いに迷いましたが、やっぱり端的な魅力を表しているのが同時リリースの2枚かなと思いまして、この作品に決めました(「めまい」も別の記事で取り上げます)。

このアルバムは、文字通り「感覚のマヒ」と言いますか…思考停止している(普段は考えもしないような)事象について、改めて意識的に考えさせ、最後には解放…そんな作品です。サウンドから歌詞から、ハッとさせられることが非常に多いんですよね。

■時間って、そもそも何なんだ?

 

時間 それは全ての人間に同じように流れているわけではないと思うよ
時間 それは感覚であって 生きたということはただの記憶でしかないって本で読んだ
時間 濃密な時間 複製された大量の時間 時間 時間 時間の大安売り
時間 のたれながし 時間の売買 時間に追われる 時間に支配される
時間 時間 時間がない 時間の中でただ溺れている

(時間/ゆらゆら帝国)

時間って、そもそも何なんだ?ってことを考え始めると、それこそ発狂しそうになりますよね。(個々人に時間が流れている、ってことが、「複製された大量の時間」っていう表現になるところがうおぉ…ってなりましたね)坂本慎太郎氏の語りが生々しいトーンで「脳に直接触ってくる」感覚があって、非常に気持ちが悪いんですよね。

ただ、この事象について考えるってことって、ある意味「気持ちが悪い」ですやん?何を当たり前を疑ってるの?常識じゃん、的なね。だからこそ、私自身が「気持ち悪い」って感覚を得たってことは、おそらくは狙い通り、なんだと思うんですよね。音を聴きながら考えるための隙間がこれでもか、ってぐらいあるんで、時間について、一度イメージしてみると面白いと思います。そんなことしていたら、時間に溺れてしまいそうですが。

■「侵入」さえできれば、「不戦勝」状態…

 

先ほどの「時間」など遥かに凌駕するほどに隙間だらけの楽曲。スネアの間に無音空間が広がっていく様子が本当に不気味。マジで怖い楽曲です(しかも長い。)

こんな楽曲に乗っかっているわけですから、歌詞も当然のように、恐怖ですよね。現代の「思考停止状態」を、ヌルッとしたトーンで投げかけてきます。

ほんの一部だけどほら見て
テレビの中じゃ思考停止だろ
お前の体に入り込んだ
わけなく奴ら不戦勝だろ

ほんの一部だけどほら見て
メガネをかけたらよく見えるならそれもいいが
とにかく昼間は疲れきって
夜にはすべて思考停止だろ

(侵入/ゆらゆら帝国)

テレビとかで聞きかじった情報を、そのまま鵜呑みで正しいものとして、自分自身ではなにも考えたり、うたがったりせずに呑みこんでしまう。この状態を「不戦勝」って言ってるんだろうなと思います。で、その一部にしか過ぎない情報を、自分の「メガネ」で見て歪んだ解釈をしたり、そもそも情報を浴びまくった結果、疲れ果ててしまう…

このような、いわば「現代病」を的確かつ、エグみの増した表現で「入り込んでくる」、坂本氏の巧みさ、ほんと一度触れてみてほしいです。怖いけど。

■自分はなぜにいま、この行動を取っているんだろう?

※ライブバージョンです。

 

そもそも、自分はなぜにいま、この行動を取っているんだろう?っていう疑問について、「もしや、誰かに操られているんじゃないか?」っていう仮定で描いた楽曲です。自分の取っている行動についてもなっかなか、思考停止して疑わない部分ですよね、自分が自分で判断しているのは当たり前、としてね。

大変だ ちょっと待った 今気づいた
俺のベッドで寝てるあんたっていったい誰なんだっけ?
だって変だろ? 家があるんだろ? 家!家!家!家!家!
こんなゲームにそもそもなんで参加してるんだっけ?
速すぎて困るぜ
正確にジャッジを下すあんたっていったい誰なんだっけ?
誰だっけ?

(誰だっけ?/ゆらゆら帝国)

寝るっていう行動を決めたのって、誰なんだっけ?そもそも、自分自身はゲームの中の登場人物で、誰かがコントローラーで操作しているのかもしれない、ですよね?この行動、一挙動ひとつひとつが「そうじゃない、自分で決めている」とは、誰にも言えないわけで。(いわばこの宇宙すら、誰かのパッケージかもしれないですしね)

こういうことを考える時間は、気持ちのいいものではないです。自我が崩壊するような感覚に近いものがありますしね。ただ、そこを乗り越えていくと「当たり前」から解放されて、脳が開いていく、そんな体験をすると世界は広がっていきますよね。

■リアルに、思考停止する瞬間を味わえる楽曲。

 

ここまでヘビーなテーマが続いてきた中で、ブレイクかのように挟まれる阿波踊りビートの代表曲。とにかく、ものすごくクセになる楽曲です。

ここまでこのアルバムについて話してきてようやく気付いたんですけど、この曲はリアルに「思考停止」を体験するための曲なんじゃないか、と思います。気づいたら踊ってる、ぐらいの感覚ありますし。(そういえば、これの一つ前の「傷だらけのギター」も、異様にシンプルなロックンロールセックスソング。ある意味、思考停止の象徴。)

3分間で、最先端の感性をさび付かせ、思考停止に陥らせる。この技術はマジでハンパやないと思います。

■最終回の再放送は、無い!!

※こちらもライブバージョン。

 

最後を飾るのは、今までの楽曲とは一線を画する、空気感がエアリーなナンバー。

比較すると「聴きやすい」楽曲なんじゃないでしょうか。ただし、演奏面の緊張感は非常にヒリヒリしたものがあって、目を離させないものになっていると思います。その「引き付けて離さない」力が生まれるのは、おそらく…全員で、ライブに必要なこのフィーリングを体現しているからだと思います。

最終回の 再放送は
無い!!

(無い!!/ゆらゆら帝国)

ライブって、まったく同じものはないじゃないですか。というか、人生において、まったく同じ瞬間なんて、無い、ですよね。だからこそ、思考停止して惰性でやっとる場合やないよな、って形で気持ちが入り直す一曲ですよね。

時間についての当たり前を散々ぶっ壊し、脳のマヒを一旦解いてから、その上でマヒさせるまでの過程を通ってきたからこそ、この深淵なる言葉がズドンと響いてくるんだと思います。

■思考停止を「止められる」きっかけに。

このアルバムを聴くと、脳が刺激を受けますよね。思考停止のロックを外されてから、もう一度思考停止して、最後にまた思考停止から解放される、というかね。そういう不思議な解放感、爽快感が味わえるアルバムだと思います。

 

★この記事で紹介した楽曲は以下のリンクから購入できます。

<アルバム>

ゆらゆら帝国のしびれ

ゆらゆら帝国のしびれ