読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージック・セラピー~心理カウンセラーセレクト、ココロが動く音楽。

バンドマンの心理カウンセラーが選ぶ、ココロが動く音楽たち。

「自分を」見つければ、ひとりじゃない。(Saosin/Saosin)

アメリカ ポストハードコア エモ 自分を鼓舞したい時に聴きたい一枚

ムダなく、聴きやすい一枚。

 

Saosin/Saosin 2006年9月26日

It's Far Better To Learn
Sleepers
It's So Simple
Voices
Finding Home
Follow and Feel
Come Close
I Never Wanted To
Collapse
You're Not Alone
Bury Your Head
Some Sense of Security

セイオシンを知ったのは、大学の後輩の紹介。思えば、彼がいなかったらこのジャンルをガンガン聴くってことをしなかったかもしれないなと思います。ぶっちゃけ、得意なジャンルではなかったですからね。(確か、当時はメタルなどの「見るからにわかりやすい」テクニカルなジャンルはまだ好んで聴いていなかったと思う)

ただ、そんな私の壁を大きく壊してくれたのがセイオシン。マジな話、すぐハマりましたね。聴きなれてきたから聴けるようになった、とかではなく、一聴してすぐ、おーこれはカッコいい!ってなったことを覚えています。

彼らの持ち味はそれこそ「全て」と言ってもいいんですけど、コーフ・リヴァー氏(当時)のスーパー高音ボーカルに付随するメロディの美しさ、演奏陣のタイトかつムダのない精度の高いまさに「聴きやすい」サウンドがとにかく素晴らしいです。結構な難易度のリフを弾いているとは思うんですけど、「サラッと」しているんですよね。「ドヤァ」ではない、断じて。その辺りがエレガントで、それこそ万人におススメできる作品だと思います。

今回は、そんなセイオシンのセルフタイトルとなった1stアルバムから、コレを聴いてくれ!という3曲について、お話ししていきたいと思います。

続きを読む

【まとめ】バンドマンの心理カウンセラーおススメ!「落ち込んだときに聴きたい」邦楽ロック楽曲10選。

ロック 日本 落ち込んだときに聴きたい一枚

こんばんは。心理カウンセラーのキタダハルキです。

今回は私のブログの中でもニーズ(アクセス)が多い、「落ち込んだときに聴きたい」楽曲について、今回は私自身が一番聴いている頻度の高い、「邦楽ロック」に絞って10曲、お話ししてきたいと思います。

ちなみに、選考方法はと言いますと…私のiTunes収録楽曲約24000曲から再生回数の多いものを抽出し、その中から私自身が「落ち込んだときに聴いているもの」をセレクトしました。また、アーティストの偏りがキツくならないよう、「いちアーティストにつき、一曲」という選考基準で選考しました。

参考にして頂けると幸いでございます。

続きを読む

「思考停止」という「しびれ」からの解放。(ゆらゆら帝国のしびれ/ゆらゆら帝国)

日本 クセになる一枚 サイケデリック ロック

思考停止からの、解放。

 

ゆらゆら帝国のしびれ/ゆらゆら帝国 2003年2月26日

ハラペコのガキの歌
時間
侵入
誰だっけ?
傷だらけのギター
夜行性の生き物3匹
貫通(アルバムバージョン)
機械によるイジメ(インストゥルメンタル)
無い!!

ゆらゆら帝国も、どの作品でお話しするか、ほんっと迷いに迷いましたが、やっぱり端的な魅力を表しているのが同時リリースの2枚かなと思いまして、この作品に決めました(「めまい」も別の記事で取り上げます)。

このアルバムは、文字通り「感覚のマヒ」と言いますか…思考停止している(普段は考えもしないような)事象について、改めて意識的に考えさせ、最後には解放…そんな作品です。サウンドから歌詞から、ハッとさせられることが非常に多いんですよね。

続きを読む